デイアジ初心者の雑記帳

アジングを中心に、お手軽お気楽な釣りについて綴っています。

アジの生態

釣れ方の変化

梅雨が明け、水温も24℃まで上昇してきたマイフィールド。 豪雨により濁流が流れ込んだ事も影響しているのでしょう。 豪雨前までとはアジからの反応が変わって来たので記しておきます。 まずレンジ。 産卵絡みで表層まで浮いて来ていたアジが、表層でアタリを…

捌きながら観察

アジを捌く時にいつも気になる。 生物全てに言える事だろうけど、不思議な色や形だなぁ…って。 その一つ一つが進化の過程で得られた意味のあるものなのでしょう。 青物の一種であるアジですが、体色は緑や黄色が多く、筋肉なのか縦に線が等間隔で入っていま…

個体数と産卵

アジは通常3歳魚、20cm中盤あたりから産卵するそうですが、群や個体数が少なくなると、2歳魚、あるいは1歳魚でも産卵するそうです。 今年は11月初旬まで、25cm前後が出ていたものの、平日夜釣りに出かけると、豆アジだらけになってしまっていました。 アタリ…

藻場について

一口に藻場と言っても、色々な藻場があります。 実は海藻と言われる中にも「海草」と「海藻」があるのをご存知ですか? 海草とは、アマモ類の事で、これらは陸上の植物に近い構造なのだそうです。 そんなアマモは内湾の流れの穏やかな浅い砂泥底に広がり、沿…

餌釣り師から学ぶ

世間一般では4連休です。 久々に何も考えずに釣りに行けるとあって、今週末はデイアジングに没頭出来そうです。 6時起床で釣師としては有り得ない8時出勤。 狙った場所で思い通りにいかないアジングに2時間で見切りをつける。 まぁ回遊魚相手であり、仕方の…

ホンダワラとの関係性

デイアジングで釣れるポイントには共通点があります。 それは足元にホンダワラが生い茂っている場所。 出典:生物Watching しまなみでも上関でも、私がデイでアジと出会えた場所には、必ずホンダワラがありました。 ホンダワラにはワレカラなど、アジの餌とな…

その鯵バラすべからず

キャッチ&リリースを心掛けているルアーマンも多いと思いますが、こと鯵に関してはリリース&バラしは致命的となり得ますので、ご注意頂きたい事です。 経験のある方もいると思いますが、釣ったアジをその場にリリース、もしくは釣り上げる直前にバラしてしま…

はぐれアジ

産卵期のアジを追って、同じ釣場に通っていますが、状況は悪化するばかり。 とうとうアタリすら得られなくなり、小潮と言うのも相俟って潮すら動きません。 不貞腐れて雨が降るまで車で一服しながらアタマをリセット。 その間に2人程アジンガーが現れました…

産卵前後のアジ2

広島県呉市近辺のアジや、しまなみ海道のアジは6〜7月に産卵を迎えます。 上関や周防大島が5月前後であることを思えば少し遅く梅雨とも重なり、なかなか思うようにアジングが出来ない時期です。 上関での2年、呉での昨年今年とで産卵期のアジの行動が解って…

シロウオ

春になると全国の河川の下流域にシロウオが遡上し、産卵を迎えるそうです。 シロウオはスズキ目ハゼ科の魚で、成魚でも50mmほど。 産卵期は5月頃。 マハゼと同じく、年魚で雌は産卵後に、雄は卵の孵化後に死んでしまいます。 また絶滅危惧種でもあるそうです…

シーズン開幕はいつ?

暖冬の影響で水温が下がりきらない瀬戸内海。 これにより、アジングシーズンの開幕時期がまったく読めなくなりました。 わたしの経験から桜前線と同じく、南西方向から岡山県沖にかけて、アジの釣果が出て来ます。 春アジ接岸は産卵の為に入ってくる群れです…

捕食種・共存種

アジングシーズンオフなので、マアジに対する知識を整理する事にしましょう。 ここ数年で得た経験から、マアジ(アジング対象の16cm以上)の捕食する生物は、カイアシ類、枝角類 、オキアミ類、夜光虫、甲殻類幼生 、カタクチイワシ幼生、多毛類…… これは大型…

単独行動

GTをご存知でしょうか? 出典 Wikipedia ジャイアントトレバリー(標準和名ロウニンアジ)。 体長1.8m、大きな個体では80kgを超える巨大なアジ科の魚で、ルアーフィッシングのターゲットとして人気の高い超大型魚です。 そんなGTですが、幼魚期には、他の魚と…

2020 年初に思う事

明けましておめでとうございます。 本年も独断と偏見に満ちたアジングで結果を出したいと思っております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。 さて、釣り納めと言っていたにもかかわらず、大晦日に下関某所へとアジング遠征をしてまいりました。 プライムタ…

明るさを意識する

1日通してデイアジングをやっていると、潮の流れや干満より、堤防や停泊船で出来るシェードや明るさのほうが影響が大きい気がします。 今日のデイアジングでは、アジがシェードに溜まっており、明るいオープンなところではアタリが得られませんでした。 もち…

高勝率ベイト

カタクチイワシの群れが至る所に接岸していて、ブレイクやシェード、何らかの変化がある港では、デイアジングが可能な状況となっています。 12月…随分気温は下がって来ましたが、表面水温は16度。 18〜20cmほどの小アジは、日中でもルアーにあたって来ます。…

昼間のアジの居場所2

デイアジング。 難しいですよね。 明るい時間帯に楽しむ為にチャレンジしてみたけれど、アタリの一つも得られず終わる経験をされる方も多いと思います。 色々な釣場でデイアジングに挑んでみましたが、やはり夜間釣れる場所でも昼間はもぬけの空な場所が多い…

捕食対象

仕事帰りにサクっとアジング。 なかなか良い型のアジがパタパタっと釣れたので、サッと帰ろうかと思っていたのですが、アタリがあるので続行。 釣り人の悪い癖ですね…。 あと1投だけ… 結局2時間程釣り続けました。 さて、延長したにもかかわらず、釣れて来た…

1匹釣れたあとに

1匹釣れたあと、同じ方向、同じレンジへキャストしても反応が得られない事が多いな…って感じる事があります。 "出典 airdome.jp" 1匹釣れた=群がそこに居る と考え、同じ場所を狙う訳ですが、サビキのようにアジを足止めする要素が少ないアジングの場合、群…

台風後の海の変化

台風が過ぎ去った週末の深夜。 雨が降る中ホームポイントへ向かってみると、色々状況が変化していました。 まず、海水の透明度が高くなっていたこと。 同じ潮位でも今まで見えなかった敷石や藻まで見える。 次に足元をフラフラしていたサヨリの群が消えて、…

皮下脂肪

以前、ベイトの事で記したカイアシ。 mfgpajmbstyle.hatenadiary.jp そのカイアシを多く捕食しているのか、マイポイント近辺で釣れるアジの脂の乗り方が違って来ています。 写真でお判り頂けるでしょうか? 血合の外側に一膜、白っぽく見える部分が脂肪で、…

日替りベイト

2日連続のアジング。 昨日ちりめんのような小魚を食っていたかと思うと、今日はゴカイ系のベイトが胃袋から出て来ました。 金曜日。 終業後に仮眠をとって夜明け前に出向いたホームグラウンドで、小アジ3匹、中アジ1匹を捕獲。 いずれも表層から中層でしかア…

浮く時・沈む時

(主にクロやシロ)メバルは流れに敏感で、餌の流れてくる潮が動きだすと浮上し、逆の流れや、潮が止まったら底やストラクチャーに張り付きます。 私が通っていた波止Aでは、これがもっとも顕著で、本流へ向かって流れだす時には決まって表層。潮が緩むとボ…

ウルメイワシの動向

近年、釣場でウルメイワシを見る機会が増加傾向にあります。 私が釣りを始めた頃には、瀬戸内海ではウルメイワシは愛媛県の方に行かなければ見られない魚でした。 元々ウルメイワシは暖海性の魚で、マイワシよりも南方に生息する種であるし、私が住む地方で…

ポイントの絞り方

やっと呉方面でデイアジング可能なポイントを見つける事に成功しました。 釣果情報等に頼らず、自分で歩き回って見つけた時の喜びは何にも代え難いものです。 周防大島・上関と比較し、圧倒的にアジの数が少なく、場所も限られる為、釣場の条件も絞込み、リ…

ブログを読み返す

新規釣場を開拓する為、走り回る日々。 広島、呉、江田島、倉橋、とびしまと回ってみたが、豆アジが事故的に2匹釣れたのみ。 少し頭を冷やして考えてみる。 気づけばアクセスしやすい波止、メジャーな釣場、雑誌や釣具屋にもあがってる情報を宛にして走り回…

2時間前後

デイアジングをしていると、どうしてもサビキ師とバッティング。 サビキのコマセに集まるアジ。 アジたちは満腹になるまでコマセを食べ続けますが、こうなったらアジンガーにチャンスはないのでしょうか? 他の群れが入って来るまで待つ??? アジだけでは…

キアジの地域差?

▼しまなみで釣れたマアジ 12月下旬 26cm ▼倉橋島で釣れたマアジ 11月下旬 26cm ▼下津井で釣れたマアジ9月下旬 20cm ▼周防大島で釣れたマアジ 10月下旬 25cm ▼上関で釣れたマアジ 2月上旬 24cm どれもそれぞれの地方でキアジと呼ばれる居着き型とのことだが、…

海水温の上昇

昼間にアジを探す事の難しさもあるでしょうけど、海の様子が少し異常だと感じます。 5月も終わろうかと言うのに、不完全燃焼のデイアジングが続いています。 気温も高く、陽射しもキツいので、ナイトアジングに浮気しそうです。 山口県東部は昼間であれば足…

しまなみ遠征

帰省する用事が出来た為、しまなみ海道のホームグラウンドに出向いてみました。 久しぶりのホームグラウンドで周防大島や上関との違いがはっきり出たので記録として書いておこうと思います。 時期的にはメバル、カサゴ、アコウ、マダイ、クロダイ。 水温が高…