デイアジ初心者の雑記帳

アジングを中心に、お手軽お気楽な釣りについて綴っています。

釣法

釣れ方の変化

梅雨が明け、水温も24℃まで上昇してきたマイフィールド。 豪雨により濁流が流れ込んだ事も影響しているのでしょう。 豪雨前までとはアジからの反応が変わって来たので記しておきます。 まずレンジ。 産卵絡みで表層まで浮いて来ていたアジが、表層でアタリを…

徐々に夏へと

2週間ぶりにマイポイントに出向くと、海の様子が違います。 今まで居なかったケンサキの幼魚が入ってきて、それを狙ってかシーバス多数。 沢山見られた小メバルのライズもなくなり、海水温も23℃と急激に上昇。 色々と変化していて、アジが居るのか1からの捜…

カマスと言う魚

晩夏から初冬にかけてデイアジを狙っていると、稀にカマスの群に当たります。 釣って楽しく食べて美味しいターゲット。 意外とルアーで熱心に狙う人は少ないですが、実は刺身、炙り、焼きでも美味しい魚です。 一般的に釣れるカマスは、アカカマスとヤマトカ…

初ヤリイカ(実釣)

2回目の山陰出張。 今度こそはと、ウキとエギの二本立てで狙うヤリイカ。 前回と同じ場所を選択し、夕暮れを待つ。 地元漁師さんに話を聞いてみると夜には釣れているとの事。 日曜日の午後だからか、周りにあまり人もおらず、餌釣りのおじさんが1人居るのみ…

サビキ対策

今まで近くにサビキ師が居ると、打つ手なしと諦めていましたが、少しヒントになるものが見つかりそうなので覚え書き。 どうしてもコマセに寄るアジを釣るには、コマセに合わせたルアーサイズとスローフォールでなければいけない…。 そう思い込んでいたのです…

払い出しの潮

離岸流とか払い出しの潮とか言われる、所謂沖に向かって流れる潮。 こう言った潮の中でよく釣れた経験ってありませんか? 私も度々このような場面に遭遇しましたが、たまたまじゃなぃ?…くらいにしか考えていませんでした。 よくサーフでフラットフィッシュ…

水面放置リグ

ナイトアジングで水面の何かを捕食しているアジには沈むリグでは対処不可能な場面があります。 年に何度もそんな場面に遭遇する事はありませんが、メバルプラッキングと同じで、水面にルアーを浮かべて流してやると釣れるという状況。 大事なのは、水面に浮…

はぐれアジ

産卵期のアジを追って、同じ釣場に通っていますが、状況は悪化するばかり。 とうとうアタリすら得られなくなり、小潮と言うのも相俟って潮すら動きません。 不貞腐れて雨が降るまで車で一服しながらアタマをリセット。 その間に2人程アジンガーが現れました…

もっと遠く もっと深く

狙いたい場所に、先行者が居ること…。 よくありますよね。 その場所からフルキャストして届く先が狙いたいブレイク。 とは言え、先行者がいるところへズカズカ入って行ったり、至近距離からキャストすれば、気分を害されるでしょう。 やりたい釣りは出来ない…

風の中で釣る2

向い風や追い風の中ではどうするのか? と言う質問がありましたので、こちらについても記しておきます。 横風よりは向い風や追い風のほうが釣り易くなりますが、基本的には横風の時と同じく、キャスト後、ラインを素早く水に浸けると言う事に変わりはありま…

風の中で釣る

必ずしも、自分が釣行出来る日が、晴れの日だとは限りません。 私は雨の中でも風がなければ釣りをしますが、強風だけは苦手です。 なかなか強風が得意と言う人もいないとは思いますが…。 そこで、今回は風の中での釣り方を記しておこうと思います。 釣り慣れ…

他の釣りから学ぶこと

ライトゲームから始めた人は、メディアの巧みな演出により、メバリングは横の釣り、アジングは縦の釣り…みたいな固定観念に縛られます。 更に悪い事に、 新発売のジグヘッド 新発売のワーム 超軽量、超高感度、高弾性ソリッドのロッド 超軽量リール 極細の高…

お断りします

アジングセットを購入したからアジングに連れて行け。 まぁ気持ちはわかります。 ですが、アジが釣れるポイントを教えろ。 迎えに来て連れて行け。 それも連絡して来てすぐにとか…。自身の都合だけで言って来るのは図々しいにも程があると思いませんか。 は…

1匹釣れたあとに

1匹釣れたあと、同じ方向、同じレンジへキャストしても反応が得られない事が多いな…って感じる事があります。 "出典 airdome.jp" 1匹釣れた=群がそこに居る と考え、同じ場所を狙う訳ですが、サビキのようにアジを足止めする要素が少ないアジングの場合、群…

強風下メタルアジング

週末しかアジングが出来ないが、台風の接近。 なんとか台風の影響が出る前にアジングをして来ようと思い、深夜に車を走らせ、海に向かったのですが…。 予想よりかなりの強風。 普段から使っている重めのジグヘッドでも、お話にならないレベル。 飛距離どころ…

表層シェイキング

台風が来る前に…と、前回の不確定要素満載だった海域へ夕まずめからアジング調査をして来ました。 今回は小潮。下げ五分から干潮を挟んで、上げ三分まで。 貨物船の停泊もなく、日暮れからは常夜灯も効いている状態です。 結果としてアジは確認出来たのです…

オープンゲイブの使いどころ

夕まずめにアジが釣れるのではないかと期待し、先週と同じ海域の釣場に入ると、サバが湧いている状況。 メタルジグに反応するので、早い展開でサクサク釣れるのだが、如何せんサイズが出ない。 時折アジも釣れるが、こちらも20㎝には程遠い豆ばかり。 陽が落…

浮く時・沈む時

(主にクロやシロ)メバルは流れに敏感で、餌の流れてくる潮が動きだすと浮上し、逆の流れや、潮が止まったら底やストラクチャーに張り付きます。 私が通っていた波止Aでは、これがもっとも顕著で、本流へ向かって流れだす時には決まって表層。潮が緩むとボ…

常にラインテンションを掛ける

常にラインにテンションをかけておく事。 これは凄く大事な事で、小さなアタリを拾って掛けなければならない状況では必須となります。 無風状態でない場合、風や潮でラインが煽られ、アタリに合わせ遅れたりします。 特に、以下の考えを持ってアジングをされ…

瞬発力トレーニング

釣りに行ける時間がかなり限られて来ているので、昼夜潮汐天気と選べない状況が続いています。 釣りに出向いたからと言っても場所がない日もありますから、当然デイアジに狙いが絞れない事もある訳です。 しかし、折角来たのだからと悲惨な状況に開き直って…

シャッドテールとバイブレーション

昼間は暑かったり、雨だったりで開店休業状態のデイアジング。 雨風ともに止む夜半に久々ナイトアジングをして来ました。 週末ということもあり、餌師もアジンガーも多く、常夜灯の下には入れません。 そこで、あえて流れのある常夜灯が無い場所を選び、アジ…

夏アジのベイトと釣り方

水温の上昇に伴い、色々な魚の稚魚が見られるようになるこの季節。 春から増殖するプランクトンに加え、イワシ、イカナゴ、コイカなどがアジの捕食対象となります。 クラゲなども増えてくる時期ですが、よくよく見ると、クラゲに混じって1cmほどの透明なコイ…

あみパターン時の5つの釣り方

◯◯パターンと簡単に言い切りますが、そんなに単純なものではありません。 あみパターンだけでも何種類もあると思っていますから、◯◯パターンとは言えない気がしてます。 一般にアジがプランクトン、微小浮遊生物を捕食している状態をあみパターンと言います…

攻略法?

あみパターンを制するものはアジングを制す。 そりゃ年間通して半分以上があみパターンなアジ。 制する事が出来れば、一流アジンガー となれるハズ。 みんなあみパターンで苦戦するからアジング=難しい…となる訳です。 で、ネットや雑誌で攻略法を探しまわ…

明暗の境目

よく明暗の境目を攻めると言われますが、どうもそれはナイトアジングの常夜灯の明暗だけの話ではないように思えます。 昨日、15時くらいからデイアジングをしていた時の事。 潮は大潮、ど干潮から上げ始めくらいで、陽は高く、足元にはスズメダイとウマヅラ…

道具のせいではない

ここ1月、週末に釣友とデイアジ釣行していますが、結果として47対0。 1.8gのジグヘッドと色が好みなだけのワームを使い続けての結果です。 釣友は週末の度にジグヘッドとワームを新調。 クリアなら釣れる! 3○のなら釣れる! クリア○ルーのなら釣れる! オイ…

迷ったら巻く

色々な釣り方、色々なアクションを覚えてくると、それを実践することが釣果への近道…なんて思ってしまっている自分に気づく時があります。 最初はルアーを投げて巻くだけ。 それしか知らなかったけれど、それでも十分に釣れていました。 別に難しい事をしな…

へろへろアクション

日没が近づくと、アジも少しずつ浅い場所へ近寄って来るようで、日中アタリの無かった場所でも、たまにポツポツアタリが出るようになります。 活性が高く、アジも浮き気味な時にはワインドやトゥイッチで釣れるのですが、コレから浅場に行こうかな?って警戒…

マイクロワインド

デイアジングを始めて、今のところ一番効果的なのがマイクロワインド釣法。 ワームを左右にダートさせ、フォールやステイでアタリを取ります。 こう言った動きに反応してくるヤツらは、結構激しくバイトしてくるので判りやすい。 逆に超スローに誘わないと反…