デイアジ初心者の雑記帳

アジングを中心に、お手軽お気楽な釣りについて綴っています。

ウキ釣り

年に数回、気晴らしに撒き餌を打ってフカセ釣りの真似事のような釣りをします。

フカセ釣りをやる人は状況を見て餌の配合を変えるのでしょうけど、私のような真似事しかやらない人には餌の特性や配合などわかりません。

そこでおススメなのが、堤防まきえ。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211017004019j:image

エビ・オキアミ成分が45%も配合されているらしく、他の餌と混ぜ合わせなくても、十分に集魚効果が期待出来る撒き餌です。

そこにオキアミブロックを投入し混ぜ合わせれば、そこら中にいる魚が集まって来ます。

家族や友人と堤防から楽しく手軽にウキ釣りをするには持って来いな撒き餌です。

環境もわからず投げ釣りをすると根掛りばかりで釣りにならない事もありますし、すぐに釣りイコールさびきと言う人もいますが、初心者が5本も6本も鈎のある仕掛けを簡単に扱える訳もありません。

短いファミリーセットの竿でも、ウキ止め糸で深さを変えられる仕掛けの作り方さえマスターしてしまえば、色々な魚が釣れて楽しめます。

私もウキ釣り仕掛けを完全に理解して作る訳ではありませんが、下の写真の仕掛けでも十分遊べますので、参考にしてみて下さい。

道糸にしもり玉、ウキ、円錐型のゴム管の順で通して道糸をスイベルに結びます。

*道糸はナイロンを使用して下さい。

PE+リーダーだと結束部分までしか沈みません。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211017003715j:image

ちなみに円錐型のゴム管は、スイベルがウキの穴に入らないようにする為と、潮を受けて流れにのせたり、仕掛けの沈む方向の目印となります。

次に道糸のしもり玉よりリール側にウキ止め糸を結びます。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211017003812j:image

結び方はコレ

f:id:mfgpAJMBstyle:20211017003741j:image

道糸とウキ止め糸を束ねて輪をつくり、ウキ止め糸を3回ほど輪にくぐらせ結びます。

ウキ止め糸はしもり玉の穴を抜けない為、また、しもり玉はウキの穴を抜けないので、仕掛けはウキ止め糸の位置までしか沈みません。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211017003758j:image

このウキ止め糸を上下に調整しながら釣って行く深さを決めます。

最後に市販の糸付き鈎をスイベルに結び、ウキの浮力と同じオモリ(ガン玉)を打ったら仕掛けは完成です。

鈎の種類はアジ鈎、メバル鈎、チヌ鈎、グレ鈎など…

まぁ何でも良いですが、掛けてバレにくいハゲ鈎と言う選択肢もアリですよ。

根掛るリスクも低く、少し仕掛けを投げれれば小学生でも出来ます。

ちなみにウキは良いものを買うと1つ¥1000以上は当たり前ですが、マルシン漁具から発売されているウキであれば安価で購入可能です。

堤防からの気軽なウキ釣り。

是非チャレンジしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

チューブラーを常用する理由

アジング=軽量高感度な高弾性カーボンソリッド

いつからか、このような風潮が常識となっていたアジング界隈。

そういったロッドでなければアジは釣れない。

私もそうなのだと思い、ソリッドティップのロッドを使い続けていましたが、今では全くソリッドティップを使う事が無くなりました。

どちらが優れているとかの問題ではなく、私のスタイルに合っていただけと言う話なのですが…。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211014230458j:image

まず、アジング=……って時点でとりあえずソリッドってなってしまいがちなロッド選び。

下手したらソリッドのロッドしかラインナップにないメーカーもあります。

例えば釣具屋で、同じシリーズ、同じレングスのソリッドとチューブラーを比較しても、それはロッド単体で負荷の掛かっていないモノを比較しているだけで、実際にフィールドで同じルアーを操作しなければ解らない事は多々あります。

ロッドだって高価ですからね。

いきなりソリッドもチューブラーも購入する人はまず居ないでしょう。

で、とりあえずソリッドとなるわけですが、その時点でそれがアジングロッドの基準となります。

確かにソリッドでも釣れました。

でも、風が強い場所での釣りを経験してからは、重いリグの必要性を感じるようになりガラリと考え方が変わりました。

ソリッドでは重いリグが扱えないのです。

2g以上では穂先が負けます。

そこでたまたま処分セールとなっていた同シリーズのチューブラーに変更してみた訳ですが、軽量ジグヘッドも難なく扱えるんですね。

そして、断然ソリッドより掛け易かったのです。

むしろソリッドは曲がってしまう為、アタリにアワセに行っても1テンポ遅れていた事にこの時点で初めて気づきました。

重いリグだと余計そうなっていたのかもしれません。

高価なロッドでキンキンに硬い素材のソリッドものと言う選択肢もありますが、アジ以外の魚が掛かった時に取りづらくなります。

60cmを越えるマダイやヒラメ、時には40cmを越えるサバなど、嬉しいゲストは獲りたいじゃないですか。

 

こうした経緯を経て、今現在のタックルに落ち着いた訳ですが、色々な道具を使ってみなければ解らない事って沢山あるんです。

〇〇だから△△じゃなきゃいけない!

そういった先入観は可能性を狭めてしまう事になるかもしれません。

釣りに限らず色々な経験をして色々な考えを持つのって、大事な事だと思いますよ。

改めて考えるPEライン

私もアジンガーの端くれであり、メインラインはエステルを使用していますが、デイアジングを始めたあたりから、1.5〜2gのジグヘッドを使用するようになり、更に最近では5〜7gのジグも使うようになったので、メインラインにPEを使う機会も随分増えました。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211014230030j:image

始めはエステル:PE=9:1くらいでしたが、今では5:5だったりもします。

アンダー1gのジグヘッドを使っていた時にもPEを使っていましたが、少しの風や潮流にものすごく影響を受けるので、エステルメインへと移行して行ったのです。

しかし2g、時には5gなんてジグヘッドを使うようになると、もう圧倒的にPEなのです。

沈まないと言われるPEでも、これくらいの重さになってくればジグヘッドに引っ張られて沈みます。

飛距離も出ます。

伸びないのでキャストした先でのアタリも鮮明に出ます。

同じ距離をエステルで投げたとしたら、同じようなアタリの出方はしません。

やはりエステルも伸びがあるからなんですね。

要は過去PEがライトゲームに用いられるようになった時に、明らかにバランスの悪いセッティングで釣りをしていただけだったのです。

PE0.25号に0.8gのジグヘッド。

少し風が強いと何をやっているのか全く分かりません。

当然飛距離も出なければ、ボトムを取る事も困難。

フロロカーボンよりは飛ぶからチョット良いかな?って程度で、うわっ!スゲェな!って感覚はありませんでした。

ですが、今は飛距離が必要だったり、15mを越える深場を探ったりとで2g以上のジグヘッドが必要となっていて、細エステルでは対応出来ない状況も多くあるんですね。

キャロなどを嫌う私は、一時期ライトゲームにPEは不要とまで思っていましたが、状況と戦略次第でPEは必要なものなのだと再認識しました。

ちなみにバランスと言う面では、シーバスロッド程度にPE0.4号、ジグ15gと言うセッティングで100m近く遠投可能ですし、私がよくやるちょい投げでも、バスロッドにPE0.3号、3号オモリで70〜80m飛びます。

タックルバランスって本当に大切なのですね。

ナイロンとフロロカーボン

ティクトが導入してから、瞬く間にライトゲーム界を席巻したエステルライン。

ナイロンやフロロカーボンユーザーは少数派となってしまいました。

 

10数年前、私が釣りを始めた頃、PEラインはまだまだ高価であり、私の周りもライトゲームはフロロカーボンが主流、ナイロンが少数と言う状況でした。

今では考えられませんが、フロロカーボンの4lb(1号)が極細ラインと言われていた時代なんですよ。

そこからどんどん細フロロ競争が始まり、私も1〜1.5lb(0.3〜0.4号)のフロロを使った事もありました。

フロロの利点は摩擦に強いので、根に潜らないアジであればリーダーを結ばなくても何も問題がなかったこと。

しかし、細くなればなるほどデメリットも大きくなります。

伸びです。

一般にはナイロンは伸びる、フロロは伸びが少なく高感度と言われていました。

しかし、フロロ自体基本的に伸びますし、1〜2lbともなれば、ナイロンに負けず劣らず伸びが出ます。

ラインは細くなればなるほど飛距離も出ますが、伸びもそれだけ多くなるんですね。

 

また、あまり認識されていませんが、同じlb数であればナイロンラインの方が細いのです。

▼フロロカーボンライン

f:id:mfgpAJMBstyle:20211014070321j:image

▼ナイロンライン

f:id:mfgpAJMBstyle:20211014120401j:image

同じ会社の製品の比較ですが、これだけ差があるのです。

 

そうなってくると、極細フロロカーボンのメリットって???となります。

比重は1.8と重いので、ナイロンより飛距離が落ちます。

同じ号数ならナイロンの方が強度もあります。

細くなってもフロロには糸癖が付きます。

ナイロンより扱いづらくなるんですね。

ライトゲーム界隈では、ナイロンは吸水して劣化するし、初心者が使うもの、みたいな言われ方をしていますが、私はよく出来た極細ナイロンラインは非常に扱いやすいと思います。

逆にフロロはある意味神格化され過ぎていたような気さえします。

このあたりは使って比較してみなければ解らない部分も多いですけどね。

 

フロロは単体で水に沈む高比重なので、ボトム狙いのアジ用。

ナイロンはやや沈み難い比重なので、表層狙いのメバル用と言う解釈のされ方もしていましたが、私が最近どちらも1000番台リールで使ってみた結果、実は扱い易かったのはナイロンの方でした。

同じ2lbだと、フロロは巻き癖がついたり、バックラッシュしたりと、ライントラブルも多かったです。

 

では、フロロは使えないか?と言えばそんな事はなく、強風の吹き付ける冬季のメバリングでキチンとボトムをとりに行けるのはフロロだけですし、藻や岩礁に擦れながら、ラインブレイクせず根魚を引きずり出せるのもフロロの長所です。

それぞれがもつ特性を理解した上でラインを選択すべきなんですね。

 

最後にスプールへのラインの巻き方について。

しなかやさが売りのナイロンラインはスプールに巻けるだけ巻いても大丈夫です。

これはPEも同じで、コシのないラインほどスプールの縁いっぱいまで巻いても問題はありません。

いっぱいまで巻かないと、その分キャスト時には抵抗が増えて飛距離も落ちます。

逆にコシのあるフロロや若干コシのあるエステル、ハイブリッドPEなどは、新品時はラインが真っ直ぐになろうとするし、スプールに馴染むと電話線のように糸癖が付きます。

したがって、まず最近流行りの1000番クラスなどの小径スプールに巻くと、かえってトラブルが増します。

コシがあるラインは糸癖を可能な限り回避する為に、径の大きなスプールに巻くようにしてみて下さい。

又、スプール糸巻き量は全体の8割程度で抑えておくと、トラブルも減らせますよ。

 

リベンジティップラン

3週間ぶりにティップランエギングに再チャレンジ。

前回の反省を踏まえてタックルをセレクトしてのリベンジ釣行。

駈け上がりに付くイカを狙うので、ボトムを頻繁にとる事。

ロッドの感度と強さ、繊細な穂先も必要。

一定レンジに留めておくためにハイギアリールも見直し。

結果としてティップラン専用ロッド、2000番台リールにPE0.4号での挑戦。

周りが早めのしゃくりで誘う中、大型のイカはゆっくりなしゃくりでも反応する事を踏まえて実践していると、立て続けに良いサイズのイカを釣る事に成功。

f:id:mfgpAJMBstyle:20211014063630j:image

うまく前回の反省を活かしてアジャスト出来ました。

沖のアオリイカは丘からのエギングで釣れるイカとは違い、アタリの質が違うと感じたのは気のせいでしょうか?

普段からエギングをやらない上、ほとんどが見えイカが居ればサイトで釣る程度の遊びしかしてこなかったので、全く違うイカのアタリのように感じられました。

やはり丘のアオリイカはスレているのでしょう。

エギに近づいてもなかなか抱きませんし、アタリも微妙なものが多い気がします。

船で沖に出れば、全く違う世界が広がっているんですね。

徐々に秋へと

夜、Tシャツ1枚では肌寒さを感じるようになってきました。

海の中もだいぶ秋に近づいているようで、水温も25℃あたりまで落ちてきています。

豪雨・台風から姿を消した20㎝~の中アジも確認できず、いま丘から狙えるのはなんとか豆アジを脱した16~20㎝が限界。

その脱豆アジでさえ場所を選ばなければかすりもしない状況ですが、マイポイントには少し変化がありました。

イワシの接岸です。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210926133503p:image

カタクチイワシの群れが、まだまだ数は少ないですが、常夜灯下や見える沖合を回遊しているのが見て取れ、それを追って大型のシーバスが岸近くをウロウロしています。

アジはと言うと、主に中層に居るようですが、全層でアタリが出ます。

シーバスやイカが入ってくるとアタリが遠のき、しばらくするとアタリが出ると言う感じで、ぽつぽつと拾える状態。

アタリが遠のいたら、小型エギで、これまたコロッケとも呼べない小さなアオリイカに遊んでもらって、いよいよ何のアタリも無くなった深夜3時で納竿。

先週の帰り際に漁師のおっちゃんが沖にタコ壺を入れるのを見ていたので、キャスト出来る範囲も限られてはいましたが、それでも海の中が少なからず活気づいてきているようです。

驚いたのは、タコ壺のブイの付近でこの時期にしては珍しい20㎝オーバーのシロメバルが食って来たこと。

イワシの接岸につられてメバルも接岸してきているのかもしれません。

この場所は誰も釣らないようなパッとしない場所ですが、過去にヒラメや青物も掛けた実績があるので、イワシが更に押し寄せ、溜まるとショアジギングと比較的イージーなデイアジングが成立する可能性があります。

今後に期待ですね。

ロッドについて

最近の釣りブームもあり、釣具がバシバシ売れているようですが、ロッドについて少し注意点と言うか、聞いた事も含めてお話しします。

まず、取扱い云々より、釣りを経験した事のない人でも3万円以上するロッドを購入する人が多い事。

とりあえず見映えや見栄で購入されるお客が多いんだとか…。

釣具屋店員に言わせれば、「コンパクトミニバンでも十分なのに、見栄張ってワザワザアルファードを買うのと同じですよ」との事。

まぁ誰がどんな道具を使うのも自由ですが、その価格帯になってくると、魚種専用とか、あるジャンルに特化したものが多くなります。

問題はそこ。

そう言ったロッドは特定の釣り方にしか対応していない事が多く、破損やトラブルに繋がり易いのです。

極端な話をすると、ジグヘッド単体の釣りに特化したロッドで、ジェット天秤をつけて投げ釣りをするようなもの。

笑い話にもなりませんが、実際にこういった扱いをしてロッドを破損させ、クレームをつけて来る人も多いようです。

例えばこんな感じ

「ロッドに10gまでって書いてあるやんか」

「こんな(3号)オモリで折れるとか無いやろ!」

「無償修理せぇ!」

いやいや…誰がソリッドティップのライトゲームロッドで投げ釣りされてるんですか……

3号オモリは11.25gあります。

そりゃ折れますよ。

そのロッドが持つ特性や釣り方に合った使い方をしなければ、高価なロッドと言うのは破損しやすいものなのです。

これ、勘違いしないでくださいね。

高いロッド=釣れる

ではありませんよ。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923112052j:image

本格的な投げ釣りのロッドは重いものを遠投出来るような素材、造りになっています。

ジグやエギも投げれなくはないですが、長いロッドでは操作出来ません。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923112244j:image

ルアーロッドは極端に重たい物を投げれる造りになっていません。

ルアーに細かい動きを付ける為に操作性が優先されます。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923112431j:image

エギングロッドもルアーロッドと同じ。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923112528j:image

ボート専用ロッドは負荷に対する耐性が強い事、穂先が繊細でアタリが取りやすいのが特徴です。

投げ釣りには使えません。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923112620j:image

磯竿は繊細な穂先に良くしなる、曲げてナンボのロッド。

長さも5m以上ありますし、当然他の釣りには使えません。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923112800j:image

筏専用ロッドは短く穂先が繊細で落とし込む釣り用です。

重い物も扱えないので、投げる釣りには向きません。

 

と、高価でなくても専用ロッドと言うのは、そのジャンルにかなり尖った特性を持っています。

その特性から外れた釣りには使い辛いし、最悪の場合破損する事も解ると思います。

経験も知識も無い人が、見栄を張っても良い事はありません。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923113334j:image

釣具屋で売られているファミリーセットのロッドは兎に角万能。

初めからリールに巻かれている安物ナイロンラインを少し値の張る良いラインに巻き替えるだけで、色々な釣りに使えます。

 

ちなみに私が愛用しているのは、某釣具屋オリジナル製品マリンライダーズと言う振り出しロッド。

f:id:mfgpAJMBstyle:20210923115031j:image

¥3000くらいですが、PE0.4号との組み合わせで、ルアー、餌と色々遊べる万能ロッドです。

初場所やよくわからない釣場で大活躍します。

ルアーロッドよりコンパクトで持ち歩き易いのも利点です。

ファミリーや未経験者が初めて扱うには、これくらいのロッドが丁度いいと思います。

 

経験が増して、ロッドの扱い方、魚とのやりとりなどを理解出来て、狙いたいターゲットが定まってから、専用ロッドにステップアップしても遅くはないですよ。