デイアジ初心者の雑記帳

アジングを中心に、お手軽お気楽な釣りについて綴っています。

釣り

地元住民の意思表示

暑さも和らぎ、夜風が心地よい季節となりました。 過ごし易い季節になる事、アオリイカが狙えるシーズンと重なり、増殖する釣り人。 まぁ訳のわかってない素人が増えると地元の方々に降りかかる迷惑も増加する訳で、近隣住民からしたら、釣りに来てくれるな…

情報蓄積中

広島に引っ越して、初めて某離島釣行へ行って来ました。 正直言って何も事前情報はありません。 Google Map&Earthで事前に、地形や水深などを調べ、過去の経験と合わせて、アオリイカ、シロギス、ウマヅラハギ、サヨリくらいが狙えるかなぁ…もしかしたらアジ…

ちっちゃいものクラブ

月曜日に代休をねじ込み、マイフィールドの状況を把握する為、日曜深夜にラン&ガン。 4カ所ほどを回ってみたが、台風・豪雨前とはかなり状況が変わって来た様子。 見える魚種が変化してきている。 アイゴの群は台風前から見えていたが、セイゴの群だったり…

初夏アジング終了時期?

同業者さん2人とアジングに出かけました。 いつもの場所が確保出来たので、これは楽しいアジングになるぞと期待していたのですが… 結果から言うと、3人でアジ6匹と言う残念な結果。 20時、到着早々幸先良く中層ちょい下あたりでアジを掛ける。 2人が準備して…

釣れ方の変化

梅雨が明け、水温も24℃まで上昇してきたマイフィールド。 豪雨により濁流が流れ込んだ事も影響しているのでしょう。 豪雨前までとはアジからの反応が変わって来たので記しておきます。 まずレンジ。 産卵絡みで表層まで浮いて来ていたアジが、表層でアタリを…

Ajing warrior

アジングは戦争だ! と、某メーカーの方が言われてましたが…。 【メジャークラフト】超高感度で即掛けアジング実釣 - YouTube 昨夜のアジングは戦争でした。 梅雨が明けたと言うのに、連日の雨。 週末も雨、強風の予報で、なかなかアジングをするタイミング…

貴重な存在

釣りをしない人にとって、カサゴと言う魚は高級魚と言うイメージがあるそうです。 事実、市場では¥4000/kg前後で取引されているので高級魚の部類に入るのでしょう。 そんなカサゴですが、釣り人にとっては身近な存在。 居場所を見つければ、必ず釣れる魚であ…

ダイソーが熱い 2

先日、ダイソーに日用品を探しに行くと、釣具コーナーが移設されていました。 また何か新作でも出たのだろうか? ちょっと覗いてみると、ありました。 今度はたも網。 その横にはひっそりと撒き餌用の柄杓まで。 お客の中には、店員に釣具コーナーってどこで…

徐々に夏へと

2週間ぶりにマイポイントに出向くと、海の様子が違います。 今まで居なかったケンサキの幼魚が入ってきて、それを狙ってかシーバス多数。 沢山見られた小メバルのライズもなくなり、海水温も23℃と急激に上昇。 色々と変化していて、アジが居るのか1からの捜…

伏流水を探す

伏流水とは、河川とならず地下水となり海や河口に湧き出る水を言います。 河口部が砂で閉ざされた川では必ず伏流水があり、その出口が海のどこかにあります。 また、川の流れていない谷の延長線上にも伏流水は存在します。 伏流水の目安としてあげられるのが…

干潮のゴロタ釣行

普段あまりやらない釣りにチャレンジ。 足場の良い釣場は人だらけで、とても場所確保が出来そうにないので、少しリスクを取り、干潮時間帯に露出するゴロタ浜からのアジングに挑戦してみました。 この場所は干潮でなければ入れないのですが、沖には本流があ…

釣れるべくして釣れる場所

釣場マップ、ガイドブックなどに掲載される釣場は、多くの釣り人が訪れ、釣果があがり、その結果有名となり、更に人が押し寄せ、釣り荒れて行きます。 そう言ったガイドブック等に掲載された時点で、もはや過去に釣れていた場所になってしまっているのです。…

誘惑

雨でも釣りたい…それが釣り馬鹿。 日曜の夜、天気予報も雨となれば、釣人は皆無。 難なく場所を確保したが、アジからの反応がない。 また浮き気味な気がする…。 海を観察していると、メバルではないライズ音が沖から聞こえる。 それに、先週まで居なかったカ…

迷宮に入り込まないために

色々なメーカーや、テスターが色々な型や大きさのルアーを、状況により使い分ける的な紹介をしていますが、特に初心者には目に毒だと思います。 と言うのも、1gで釣れなかったら、0.8g。 クリアで釣れなかったらケイムラ、グローと、ありとあらゆる製品が紹…

夜の場所選び

釣り場に着くと沖に近い1番外側の場所を取りに行く人って多いですよね。 おそらく理由としては、 ・水深がある ・潮が通す ・釣れる(という先入観) こんなところではないでしょうか。 魚種にもよるのでしょうけど、アジング…特に夕まずめから夜半にかけては…

小アジに翻弄される

翌日が休みになったので、平日深夜に車を走らせ、久しぶりのナイトアジング。 タイミング的には満潮からの下げ潮であるが、水深がある港の為、じっくり考えながらアジングが出来る… が、なかなかアジのアタリを拾えない。 水面には小メバルがライズし、シー…

釣りより先に覚えて欲しい事

今回は釣りのマナーについてですが、コロナによる釣りブームも手伝って、マナーを守れない、そもそも知らない釣り人が急増しています。 釣りを始めるよりまず先に知っておいてほしいマナー、考え方を記しておきます。 ①釣場に着いたら ・駐車の可否を確認す…

眼を大切に

私の唯一自慢できる事は、視力が非常に良い事です。 アフリカの方みたいに視力8.0なんて事はありませんが、2.0をずっとキープ出来ています。 特別な事はしていませんが、コレだけは本当に有難い能力です。 実際に釣り出かけると、偏光グラス越しに人が見えな…

感覚的な事

ルアーで魚が釣ってみたい。 初心者の方々は口を揃えて言います。 が、申し訳ないですが、限りなく無理に近いです。 ビギナーズラックはあるかもしれませんが、ルアーをキャストした事も、扱った事もない人が、いきなり釣果を挙げられるほど甘くはありません…

魚へんに喜ぶ

誰が作ったのがわかりませんが、鱚と言う漢字はステキな字だと思います。 釣りをした事が無い人でも、浜の女王と称されるシロギスの引きを感じ、釣り上げた魚体の美しさを見れば、きっと喜びを感じる事が出来るはずです。 夏の砂浜での投げ釣りのイメージが…

カマスと言う魚

晩夏から初冬にかけてデイアジを狙っていると、稀にカマスの群に当たります。 釣って楽しく食べて美味しいターゲット。 意外とルアーで熱心に狙う人は少ないですが、実は刺身、炙り、焼きでも美味しい魚です。 一般的に釣れるカマスは、アカカマスとヤマトカ…

創作意欲が湧く動画

後輩が教えてくれたyoutubeに 我流の人 と言うチャンネルがあります。 丁度メジャー◯ラフトがライブベイトカラーのメタルジグを出す前後だったと思うのですが、リアルな魚の写真を転写シートに印刷して、100均メタルジグをカスタマイズすると言う動画を見た…

メタル縛り釣行

徐々に春らしくなって来ていますが、まだデイアジの気配がありません。 今日は久しぶりにPEラインをセットし、使うルアーもメタルジグ、バイブレーション、スピンテールとメタル縛り。 実はいつも行く釣場の手前に居るメバルの反応がイマイチなのと、タイミ…

ゆる〜ぃ釣りを愉しむ

今年は、全国に先立ち広島県が桜の開花が一番早かったそうで、月末あたりには海にも生命感が生まれる予感がします。 実際に、2月の寒波が去ってからと言うもの、暖かい日が続き、下旬には早くもクサフグやスズメダイが姿を現しました。 私の経験上、沿岸にク…

初場所は難しい

年に2度ほど山陰方面へ出張があるため、冬にはヤリイカを釣りたいと思っています。 出典:おたる水族館 瀬戸内海(広島、岡山あたり)にはヤリイカが居ませんので、冬の出張時に何とか攻略したいのですが、遊びで行く訳ではないので、釣行時間にも制約を受けま…

新規ポイントの開拓

自分で釣り場を開拓する 響は良いですが、現実はそんなに簡単なものではありません。 沿岸部には私有地もあれば会社や企業所有の敷地もあり、自由に出入り出来る足場の良い場所は限られます。 また、昨今のコロナ禍で釣り人の増加に比例して、マナーの悪さ、…

人と同じでは限界がある

久しぶりに会った後輩と釣り談議。 最近釣場も限られ、魚も釣れなくなった。 2020年、メバルに至っては20cmを超えることがなかったそうだ。 しかし、よくよく聞いてみると、やはり実績場所、アクセスし易い港でしか釣りをしていないのです。 何故??? クル…

新しい事を始めてみる

ルアーフィッシングを10年近くやっていると、年間を通して魚の釣れ始めるタイミングやシーズンオフが解ってきます。 この時期になって、この条件になれば、この魚が釣れるので、このルアーを投入しよう。 と、なる訳です。 でもそれだけでは、いつまでも同じ…

釣り初め2021

2021時の釣り初めと称して、隠れポイントに行って来ました。 ここは過去に真鯛70cmを仕留めた場所ですが、潮流があり、ベイトが溜まりやすい地形の為、メバルくんが居るであろうと予測しての入釣。 年末年始を挟んだ寒波のお陰で、水温も15℃まで落ちていまし…

冬の場所探し

急激な冷え込みのせいで、水温も低下。 以前も書きましたが、魚にとっての1℃の変化は、人間で言う4℃の変化に値します。 また、水温が前日と比較して3℃違えば、魚は口を使わなくなります。 こうなってくると、いつも通っている場所で、アタリすら得られない日…